SSD交換のメリット・デメリット


SSD交換についてのご質問が増えてきましたので、まとめておきます。

SSD交換をする事によるメリットは以下の通りです

1.動作が高速になります

SSDはHDD(ハードディスク)と違って物理的にディスクがありません、全て基板上のチップに読み書きしますので、HDDと比較にならないほど読み書きのスピードが高速になります。

2.発熱が少ない

SSDは基盤チップだけですのでモーターなどの発熱が高い部品がありません。これによりパソコン内部の熱が抑制されて、本体の寿命も伸ばす事になります。

3.振動や衝撃に強い

SSDは基盤チップですので、振動や衝撃にはHDDと比べて相当強いです。持ち運びの多いノートパソコンなどには最適な媒体です。

4.寿命が長い

部品により個体差はありますが、HDDと比較すると、2倍以上の寿命がある事を当社のテストにて判明しています。これは発熱の低さとモーターなどの物理部品が無い事が理由です。

長所の多いSSDですが、HDDと比較すると以下の様なデメリットもございます。

1.容量の割りに高額です

HDDは1TB 2TBが当たり前になってきましたが、SSDの標準容量は120-300GB程度です。動画などの大容量データを保存する用途ならHDDには敵いません。

2.故障時のデータ復旧が困難です

当社ではSSDのデータ復旧のご依頼を既に受けていますが、復旧成功率はHDDに比べると半分以下とかなり低い上に、復旧にはかなりの技術力と時間が必要な為、高額な復旧代金となります。SSDをご利用の際は、データ保護の為にクラウドバックアップなどのご利用は必須となります。

3.寿命が判断しにくい

HDDの場合、寿命が近づくと、読み書きが遅くなったり、ディスクエラーが発生しますので事前に察知してデータを退避させる事が可能ですが、SSDはそのような前兆が殆ど無く、突然アクセスが出来なくなってしまいます。SSDをご利用の際は、繰り返しますがバックアップは必須となります。