Appleをナゼ勧めるのか?


私はこのブログでも、お客様にもよくAppleを勧めます。正直、デジパットはAppleの販売店では無いので何の利益もありませんが、壊れた時にお仕事させて貰えれば良いかなってのと、本当に良い商品を紹介して信頼を頂ければ本望かなと思い、やっております。
さて、Appleを勧める理由で一番重要な事は「ハードからソフトまで一貫して単一メーカーが作っている」事に尽きるでしょう。よくApple製品はウイルス等が少ないと言われますが、これはハード、ソフト一体で、ブラックボックス化されているため、ウイルスを開発するのが面倒な理由が挙げられます。Windowsや最近問題のiPhone以外のスマートフォンは、基本的に「オープンソース志向」です、つまり開発会社以外の第三社を参入し易くして、端末台数を増やすプランですが、ブラックボックス化されていない為、簡単にシステムの弱点が見つかります。私はこういった理由から、商業利用のパソコンにオープンソース理念が取り入れられる事に反対なのです。オープンソースは様々な開発者が簡単に参入できて、とても自由ではありますが、全ての開発者が善人ではありません。悪意を持った開発者も多く、そういった人達がオープンソースを悪利用してしまうのです。AppleのiPhone用アプリの開発は簡単にAppstoreに登録出来ますが、審査が厳しく、店頭に上がるまで時間が掛かったり、Appleから好き嫌いされる噂もあります。でも、Appleが公式に認めたソフトしか流通しませんから、ウイルス製作者にとってはとても厄介なのです。そういった意味からも、Appleの「ハードソフト一貫」は意味があるのです。現在も市場はWindowsの一人勝ちですが、私は、切実に安全性が求められるオフィスにこそ、Appleをお勧めいたします。ウイルスは少ない。データバックアップも手軽なAppleはビジネスツールとしても、最高でお洒落な相棒になってくれると思います。