Panasonic CF-S10CYADR SSD換装


今回の患者さんは、Panasonic CF-S10CYADR 言わずと知れたLetsNoteシリーズの結構グレードの高いモデルです。
症状は、ハードディスク故障により正常起動を出来ないといったものでした。もともと使われていたハードディスクはSerialATAの750GBだったのですが、LetsNoteの性質上お持ち運びされることを考慮して、できるだけ早い起動と衝撃にも強いことを念頭に置き、ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)への換装を提案しました。
お客様は、我々の意図を十分ご理解いただけてご納得の上で発注いただきました。そこで、選んだのがSamsung製の【840 PRO Series MZ-7PD256B/IT】という製品。スペックだけを見ても読み込み速度540 MB/s・書き込み速度520 MB/sという爆速のパフォーマンスを示してくれます。確かに体感は数値以上の速度感が有り、インストールやセットアップも通常の半分くらいで終わった気がしました。
もともと、このお修理にはiRAMというメーカーのSSDを使用しようと思っていた(ここの製品も読み込み速度・書き込み速度共に500MB/s以上と速く信頼性も高い)ところ、仕入先から入荷に1ヶ月掛かると言われてしまい、代わりの物を探していた時に、この製品を見つけました。セットアップしていた技術スタッフもそのスピードには驚いておりましたが、いざ、ご納品時にお客様にお見せして起動させた時の第一声は「早っ」の一言でした。本当にしてやったりといった感じでしたね。
Panasonic当たり前のように、ハードディスクを使って今までと同じように修理していくことも一つですが、せっかく同じお金を出すのであれば、♪ちょっと工夫でこの旨さ♪by神田川俊郎先生的な修理も選択肢に入れてみてはどうでしょうか?

パソコン修理のデジパット
0120-566-889