Acer Aspire 5520-7A1G12Mi の動作改善策


同じパソコンを長く使っていると、徐々に動作が遅くなったように思えてくるのはWindows・Mac共に同じですが、それの特効薬としお勧めするのがメモリーアップグレードです。OSがXPであれば512MB。Vistaや7であれば、2GB出来れば4GBは欲しいところです。タスクマネージャで見るとよくわかりますが、遅いパソコンに一律で言えるのは、動作メモリー使用量が搭載物理メモリー量を超えてしまっていることです。メモリーの足りないパソコンが、その策として行うのがHDDの空き領域を仮想メモリーいわゆるスワップ領域として使用し読み書きを常に行いながら動作することです。メモリーの様に電気が流れるスピードで、情報を読み書きするのと違いHDDは7200rpmか5400rpmで回転しているものに情報を記録しているので、書き込みも読み込みもまた削除も遅いに決まっています。それにプラスして、OSのシステム情報を読みだしながら動作するのですから、益々パソコンが遅くなっていきます。HDDが、壊れている場合はどうしようもないですが、メモリーの追加はHDDにも優しいので、一度お試し下さい。デジパットではこういったメモリーアップグレードサービス・OSのアップグレードサービスなど各種サービスを安く・早く・丁寧に行なっています。
パソコン修理のデジパット
0120-566-889

間違っても、ご自分の判断でHDD内の空き領域を増やすために、やたらめったらファイルを削除しないで下さい。あなたの大事なパソコンが動かなくなりますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です